HOME > 先生紹介

先生紹介

ブレーメンどうぶつ病院の仲間たち

院長 松山徹弘

経歴 2005年3月日本大学生物資源科学部獣医学科卒
2005年4月中埜動物病院(大阪府)にて勤務
2008年5月なかじま動物病院(千葉県)にて勤務
2014年4月ブレーメンどうぶつ病院を開院
資格・所属 iVEAT(獣医先端技術研究所)の心臓超音波研修修了
日本獣医循環器学会所属
京葉獣医師会所属

心臓病については特に力を入れています!

どうして獣医になったの?
-子供の頃から自分のペットを治してくれる獣医さんをカッコよく思い憧れていました。

こころがけていることはなんですか?
-「自分がこのコの飼い主ならどうしたいか」といつも考えながら診療しています。
オーナーとの会話の中から必要な情報を集め、必要な検査を行い、いくつかご提案させていただく治療法の中からオーナー様とペットにとって最善の治療法を選んでいただきます。費用面、飼育環境など、個々に希望は違ってくるので、それらを加味したうえで「オーナー様の満足」を得られる治療法を提案すること、またオーナー様がどんな些細なことでも相談しやすい環境作りのために、いつも笑顔でアットホームな雰囲気の診療をするように心がけています。

獣医師 石島進之助

茨城県 筑西市出身

どうして獣医になったの?
-小学生の時に「Dr.ドリトル」という映画を観て、些細な事でも言葉にできない動物を治療する獣医さんってすごい仕事だと思い獣医師を目指しました。

こころがけていることはなんですか?
-言葉を話せない動物の健康を目指し、オーナー様と一丸となって考え、その子とご家族にベストな治療ができるよう努めていきたいと思っています。

動物看護師 細谷敬子

佐倉市出身

どうして動物看護師になったの?
-小さい頃から動物が大好きです。

こころがけていることはなんですか?
-動物達やオーナー様の目線に立っての行動(自分がしてもらって嬉しいことや安心すること)、動物を通してオーナー様とのつながりを大切にしています。
大切な家族であるワンちゃんネコちゃんとの幸せな時間を過ごせるお手伝いをしたいです。

動物看護師

八千代市出身

こころがけていることはなんですか?
-オーナー様から離れて不安なワンちゃんネコちゃんたちが落ち着けるように、優しく声をかけながら丁寧にトリミングするように心がけています。

動物看護師 鈴木理恵子

八千代市出身

どうして動物看護師になったの?
-動物たちの表情や声や行動を学び、不安や喜びに寄り添うことができたらと思い動物看護師になりました。

こころがけていることはなんですか?
-オーナー様、動物、獣医師の架け橋になれるように、たくさんの笑顔が作れるお手伝いができるように、日々努力をしています。

動物看護師 坂本恵

千葉市出身

どうして動物看護師になったの?
-愛犬がけがをしたときに、慌てることしかできず悔しい思いをしました。その頃から助ける側になりたいと考えました。

こころがけていることはなんですか?
-オーナー様や動物たちの不安を少しでも取り除けるように、親切丁寧な対応を心がけていきたいと思っています。

トリマー 長谷川綾香

千葉市出身

どうしてトリマーになったの?
-幼い頃から動物が好きで、将来は動物に関わる仕事に就きたいとずっと思っていました。

こころがけていることはなんですか?
-オーナー様のご希望に沿ったカットはもちろん、ワンちゃん自身も毎日を過ごしやすいトリミングを心がけています。

癒し担当 小春


このページのトップへ